スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の一枚~右脳・左脳・はさみ~

右脳と左脳をつなぐ脳梁は男性より女性の方が太いんですって。


今日は月並みに右脳・左脳のトレーニングを勤しむ毎日に


地味だけど結構おどろいたことをメモ。


普段行う作業を、利き手と逆の手でやると


なんだか普段使ってない脳の部分を使ってる気がする。



なのでたまにハサミを使うとき、利き手と逆できってみたりする。

筆者は右手が利き手なので、左手になる。




これがなかなか難しくって、フツーの紙ならまだ左手でも

いけるんだけど、


ガムテープやらビニール紐やらになると、


左手だと刃の間に噛み込んじゃう形になってたわけです。



悩みに悩んで右手と全く同じ持ち方、力の入れ方を


意識してみたんだけどダメ。


なーんで左手だとダメなんだろう、って


ずーっと考えてました。



その答えが、今日、出たのです。



結論は、まさに力の入れ方。


言葉での説明が難しいですが、


右手でハサミを使うときと同じ力の入れ方を、

左手で再現すると、ハサミの刃が開いてしまい
(左右ではなく、前後に開く)

物が切れにくくなる
(刃の間に物が噛み込む)


ということです。


特に、筆者が使っているのは100均の安物なので、

本来入れるべき方向と逆に力を入れると、

刃が開く開く。


これじゃあ満足に切れなかったはずだ・・・・



で、なんでそんなことになったかというと、


"右手と全く同じ状態"、というのがマズかったらしい。
(まぁただ筆者がアホなだけだけど)



どうやら、右手でハサミを使うときは、無意識に


親指を付け根のほうに、
(ハサミを正面に構えれば、右側に)


ほかの3本なり、4本の指は付け根から外側に
(ハサミを正面に構えれば、左側に)


力を入れてるようです。



これを左手で全く同じに再現すると、、、



と、筆者はここでアホなので、

ハサミを正面に構えたときの力の入れ方の、


"右左を同じにしてしまったのです。"



つまり、左手でハサミを構えたとき、



親指を付け根から外側に
(ハサミを正面に構えて右側に)


ほかの指を付け根のほうに
(ハサミを正面に構えて左側に)



力を入れてたんですね。







アホですね。




なぜ気づかなかったんでしょうか。



そしてなぜ、今日になって気づいたのでしょうか。





きっと病気なんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

アルノ

Author:アルノ
100万$あったら家が買えるのになー

1000万$あったらもう働かないのになー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。