スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財布を落としたときにすること

ついにやっちまった。酔って財布をなくした...orz

ついでにメガネも、パーカーもありゃしねぇ。

しかも気づいたのが、財布の遺失届けをだしてるとき... orz orz

まぁ1ヶ月以上前のことなんだけど。

ちなみに、遺失物届けを出すときとかは大体同じ事を聞かれる。

【聞かれること】
・基本情報(住所、氏名、年齢、電話番号など)
・財布の色
・財布の形状(二つ折りかどうか)
・財布のブランド(ノーブランドか)
・財布に免許書など、名前のわかるものが入ってるかどうか
・財布にいくら入っていたか(これは交番だけで聞かれるかな)


【すぐやること】

0.連絡手段(具体的には電話)の確保。
 ⇒連絡先は山ほどある。もしうっかり携帯も同時に失くしていたら
  交番なりなんなり、最悪通りすがりの人に借りるつもりで。
  ちなみに番号案内は104番。
  さらに交番ではお金も借りられる。
  家にすら帰れそうに無い場合は頼んでみる。


1.カードを止める。
 ⇒キャッシュカード、クレジットカードを銀行なり、
  管理会社なりに連絡して止めてもらう。
  他にも金が絡んでるものがあれば止める。
  ちなみにキャッシュカードの再発行は手数料がかかる上、
  1週間程度時間がかかる。
  もちろん印鑑、通帳があれば銀行窓口にて引き出しできるが、
  土日祝日は引き出しできない。
  なので近日中の資金繰りが大丈夫か考えておく。
  危ない場合は金を工面してくれそうな人を探しておく。  


2.遺失物届けを出す。
 ⇒最寄の交番で遺失物届けを出す。
  1度提出すると、遺失物のリストに追加管理されるようなので、
  複数の交番で遺失物届けを出す、ってことはできない(意味が無い)みたい。

3.鉄道会社に聞いてみる。
 ⇒電車を使っているなら、利用している鉄道の落し物センターに連絡確認してみる。
  あるいは、直接駅の窓口にいって確認する。
  ちなみに、鉄道には乗り入れがあるので、関係がある鉄道会社はすべて確認する。
  例)JR東日本 ⇒ 東京メトロや私鉄等

4.(財布に鍵が入ってる場合)新しい鍵の確保
  ⇒管理会社や大家に連絡し新しいのをもらうか、あるいは鍵屋を呼んでこじ開けるか。
   とにかく家に入る手段を確保する。もしくはあきらめて他の寝床を探す。


以上が気づいたその日にやるべきこと
-----------------------------------------------------------------


【落ち着いたらやること】
①:カードの再発行
  ⇒キャッシュカードは最優先。その次はクレジットカードか。
   重要なものを順に手続きする。


②:免許書などの再発行
  ⇒免許は最寄の免許更新センターで手続き(3000円ちょっとかかる)。
   国民健康保険証は市役所へ。
   ちなみに古いものの失効手続き(停止すること)はできないので、
   悪用される可能性は残る模様。


③:再度遺失物について尋ねてみる。
  ⇒可能性は低いが、なんらかの間違いで遺失物が届いているのに
   連絡だけ来ない、なんてことがあるかもしれない。
もういちど交番なり鉄道会社なりに問い合わせてみる。



以上。
ちなみに私は落とした現金、鍵の交換費用、カード再発行料など
もろもろ併せて5~6万の欠損が生じました。

くれぐれも財布は大切になさいますよう・・・
スポンサーサイト

テーマ : ライフ
ジャンル : ライフ

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

アルノ

Author:アルノ
100万$あったら家が買えるのになー

1000万$あったらもう働かないのになー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。